競馬YouTuberかく語りき

競馬YouTuber江分輪太のブログです。

競馬閑散期

夏が近づくと、競馬バー「エクリプス」のママであるオーツカさんは言う。

 

「夏場はお客さんが減るから、何か手を打たないとねぇ・・・」

 

競馬バーに限らず、競馬メディア界や、そもそもJRAの売上も同じなのだろう。

そして当然、競馬YouTubeの世界も。

 

私の場合、昨秋、ハイシーズンの真っただ中、マイルCSから予想動画の公開を始めた。

言わずもがな、競馬のハイシーズンとは「4~6月」と「10~12月」を指す。

もっと厳密に言えば「4~5月」と「11~12月」ということになるか。

要するに「毎週のようにG1が続く時期」である。

 

年が明け、競馬YouTuberとして一応、閑散期っぽい1~2月を経験した。

しかし、年明けは世間一般的にも大きな訴求力を誇った有馬記念で得た新規ファンが多かったという印象がある。

さすがに2月は日数も少なく(どんな業界も)厳しい時期だが、それでもフェブラリーSがあったりする。

そして3月ともなると、大阪杯やら3歳クラシックの前哨戦があり、それなりに盛り上がってくる。

 

するとやはり、本格的な閑散期は「7~8月」ということになろう。

競馬YouTuberとして初めて迎える夏競馬。

 

昨日書いた話は、その時期を乗り切るための決意でもあった。

 

予想系動画の再生回数は、どうしたって競馬番組に依存する側面が強い。

そして、夏場も健気に馬券を買い続ける(私のような)マニアは、私の動画にとっては非常に大切な存在だが、一方でマニアだけを対象にしていると、どうしても売上は落ちる。

もっと世間一般に訴求力のある動画も作らなくてはならない。

 

しかしながら、本分である競馬から離れることはできない。

私には、(屁理屈気味に)競馬を語ることぐらいしか取り柄がない。

 

だから、YouTube的に上質な競馬バラエティー動画を作る必要がある。

そう簡単なことではない。

ただ「やろうとするかしないか」の差は、人生の中ではいつだって大きい。

成否はともかく、やれば必ず何かの実にはなる。

 

この夏は地道に、YouTuberとしての力を蓄積する季節だと思っている。