競馬YouTuberかく語りき

競馬YouTuber江分輪太のブログです。

「競馬との出会い」その2

www.youtube.com金曜ライブにお付き合い頂いた皆さま、ありがとうございました。

 

昨日の話の続き。

 

競馬を始めて2ヶ月。

野球部やら金銭的やら、そうそう毎週馬券を買えたわけではなかったが、ミホノブルボンが勝った朝日杯を眺めつつ、暮れが迫っていた。

 

当時は有馬記念の前の週にスプリンターズSが行われていた。

その当日、私は5千円を握りしめてウインズにいた。

スプリンターズSで3千円を無くした後、残った2千円で西のメイン、阪神牝馬特別枠連を2点買った。

これが当たった。

枠連4,130円。

人気馬エイシンウィザードが入った7枠からの2点流しだったが、10番人気と14番人気の8枠をなぜ買えたのか、未だに憶えていない。

 

適当だったのだろう。

 

その後、有馬記念の週末まで野球部の合宿だった。

夜な夜な後輩に金を渡し、ビールやらつまみを買いにパシらせた。

(時効なのをいいことに、昨日からロクでもない話ばかり書いている)

 

競馬と出会い、初めて迎える有馬記念

毎晩、スポーツ新聞の特集号を見て過ごした。

 

有馬記念当日、私は淀の競馬場にいた。

いわゆるパークウインズ

もう興奮して何が何だか分からず、馬連やら枠連やらをチマチマと買い、8枚ぐらいの馬券を持っていた。

 

メジロマックイーンが2着に来たのは分かったが、勝ったのは何だありゃ?

「そんな馬、出ていたの?」という8番ダイユウサク

 

ただ、私は好きなことに対しては根っからのマメな性格。

念のため、握りしめていた馬券をその場ですべてあらためた。

なぜか持っていた、馬連1-8を800円。

枠連1-8と買い間違えた馬連

マックイーンの1枠と、メジロライアン・カリブソングの8枠。

 

60,800円の払い戻しを手にした。

2週の合計だと10万を超える額。

17歳にとっては実感の沸きづらい額。

 

当然の如く、年明けからの京都開催、毎週のように淀へ通い詰めた。

帰りにはいつも書店へ寄り、競馬の本や雑誌を買った。

 

これが私の、競馬オタク人生の始まりである。